株を買うには大量の資金が必要というわけではない
ほんの少しの資金で株を買うことができた男性

株を買うにはまず大量の資金が必要で株主優待の恩恵を得るにはかなりの額の資金が必要、と考えていませんか?実はそんなことないんですよ!手を出しやすい額のものからこんなものも?というものまでご紹介していければなと思います!

学校の制服を扱う企業の多くや寅壱は、株が未上場

大人になって株の投資を始めようとする時、例えば学校時代の制服のメーカーが上場企業であれば、なじみがありますから投資先として安心です。そのような会社は自分の子供時代にすでに有名で、日本中の中学生や高校生がそこの制服を着て、しかも現在も堅実に活動しているわけですから、今投資したとしてもリスクのようなものも見当たりません。しかし、学校の制服の分野で誰でも知っているトップ企業は未上場のところが多く、上場しているところはごくわずかです。その一つの大阪の企業は以前から制服の生地の販売を多く行なってきた会社ですが、現在は学生服専門ではなく、スポーツのユニフォーム、寝具、介護用具などむしろ全年代をターゲットにしています。多角化して経営も安定していますので、投資先としては堅実です。制服を手掛けている上場企業自体はたくさんあるのですが、いずれも学校の制服ではなく、作業服とか官公庁や会社の制服、白衣や防護服といった分野に特化しているところが目立ちます。いずれの社も個性的な運営を行なっていますので、研究してみて同調できれば株に投資する価値があります。そのうちの群馬県の会社は安い値段での販売を強みとしています。郊外店舗が多いため家賃が低く、安く提供できるのです。また広島県の会社では、全国的に大規模な工事が続きますので作業服の販売が増加中です。作業服のトップ企業の中に実は寅壱という会社があるのですが、残念ながらここは上場をしていません。もし寅壱に投資してみたいというのであれば、寅壱の製品を多く扱っているホームセンターの株を買うという方法があります。ホームセンターという分野は実は多くの会社が上場していますのでその中での選択もできます。このように目当ての会社の株を買ってみたいがそこが上場企業ではないというケースはよくありますが、その場合はそこと関連がある上場企業をさがしてそちらに投資するのもよい考えです。